ローションの正しい知識


ほとんどのローションには、ポリアクリル酸ナトリウムと言う成分が使ってあり水分を強力に吸収してしまいます。その為、膣を傷つけたり成分が膣内に残りクラミジアになる方が多くいるみたいです。膣内の仕様は、控え正しい知識を持ち愛あるSEX いたわるSEXをしましょう。

ローションの現状と性病


【現状】

今やネットで、ローションは簡単に手に入る時代になりました。ネットでは、年間 アクリル酸ナトリウム含有のローションが7万本も売れているのです。

ということは、膣を傷つけやすいローションが世に大量に出回っているということです。

【性病の移り変わり】
昔なら、なかなか性病になる人は少なく、薬は病院で署名しなければ手に入らなかったものでした。しかし、現代では性病の薬がCMで放送されるまでになりました。それだけ、性病にかかる方が急増しているということです。
性病、特にカンジタはストレスからなる場合もありますが、ポリアクリル酸ナトリウム 含有のローションが原因でなることもあるみたいです。

【取り組み】
そこで、私達 アラジンは、非ポリアクリル酸ナトリウムのローション開発に情熱を注いでいます。
人の体に優しいローションを。

愛あるsex、いたわるsexを愛言葉に♡

非ポリアクリル酸ナトリウムのローション


アラジン オリジナルの非ポリアクリル酸ナトリウムのローションです。
医療の現場でも使われるくらい安全性のあるローションです。これを機に正しい知識を持ち、パートナーの体を守りましょう。

ポリアクリル酸ナトリウムとは?


ポリアクリル酸ナトリウム(ポリアクリルさんナトリウム、英語: Sodium polyacrylate)とは、高吸水性高分子(SAP)の一種。主要な単位構造は [-CH2-CH(CO2Na)-]n。自重の数百倍から約千倍までの水を吸収、保持できる。

高い吸水性は、親水性のカルボキシル基を有し、かつ網目構造の中に多数の水分子を取り込んでゲル構造を作ることによる。水の中にナトリウムやカリウムなどの陽イオンが存在すると吸収力が著しく低下するため、尿や血液などの体液の吸収に使用した場合の吸収力は、水に対するものより低い。

ポリアクリル酸ナトリウムの用途


吸収率の高さを利用して紙おむつ、保冷剤、生理用品、ローション、園芸、緑化材料などに使用されている。他に、蓄冷剤、ドリップ吸収材、結露防止剤、芳香剤、携帯簡易トイレ、洗剤原料、顔料分散剤、繊維処理剤、水処理剤、製油助剤、パッキンなどの用途がある。食品分野でも増粘剤として食品添加物グレードのものが使用される。
用途により、吸水量(吸水倍率)のみならず、吸水速度、保水性(加圧しても水を再放出しない特性)、徐放性、増粘性、凝集力、耐塩基性、耐候性などの異なる特性が求められる。分子量や構造によって特性が変わる。高吸水性のタイプは水溶液重合法、急速吸水タイプは懸濁重合法というように、目的の適性が得やすい重合方法が選ばれる。